新着情報

原発事故 国家はどう責任を負ったかウクライナとチェルノブイリ法

原発事故 国家はどう責任を負ったか

馬場朝子 尾松亮

出版年月
2016年3月
ISBN
978-4-7734-2000-5
判型・ページ数
46判・224ページ
定価
本体2,000円+税
在庫
あり

本の内容

チェルノブイリ原発事故被災地で、被害補償や健康診断の実施を定め、被災者の生活を守り続けている「チェルノブイリ法」。

この法律を作った政治家たちの理念と、被災地の人びとの声を聞き、この法律の価値を考える。そこには今の日本にはない、人の命と生活を守る高い理想と強い意志がある。

被災者支援について、責任感と当事者意識に欠ける日本政府のあり方に、一石を投じる書。

目次

はじめに

第1章 今も被災者を支えるチェルノブイリ法

第2章 事故の被害とチェルノブイリ法のしくみ

第3章 チェルノブイリ法ができるまで

第4章 チェルノブイリ法が目指したもの

第5章 チェルノブイリ法 20年の歩み

第6章 フクシマへ

第7章 チェルノブイリ法と日本

おわりに