書籍一覧 一般書

ボリショイ卒業バレエダンサー岩田守弘 終わりなき夢の旅路

%e3%83%9c%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%82%a4%e5%8d%92%e6%a5%ad%ef%bc%bf%e5%b8%af%e3%81%82%e3%82%8a

大前 仁

出版年月
2018年12月
ISBN
978-4-7734-2034-0
判型・ページ数
四六判・294ページ
定価
本体2,200円+税
在庫
あり

本の内容

バレエ界の最高峰ボリショイ・バレエ団でソリストを踊った日本人の半生の記録。

ロシア・バレエの殿堂、国立ボリショイ劇場バレエ団に日本人としてはじめて入団し、「名脇役」としての名声を確立したのみならず、現在はブリャート共和国立歌劇場バレエ団で芸術監督をつとめる岩田守弘。栄光の陰で、日本人であることの壁、体型へのコンプレックスに苦しみ続けてきた人生でもあった。成功も挫折もすべて飲み込み、今も夢に向かって歩み続ける。

目次

 エピローグ 遠い日の舞台

第一部 ボリショイ卒業
 第一章 十六年目の退団勧告 二〇一一年夏
 第二章 ボリショイへの道
 第三章 劇場への愛 二〇一一年秋~一二年春
 第四章 卒業の時 二〇一二年六~七月

第二部 二つの告白
 第五章 名脇役で終わらず
 第六章 魅力をなくしたバレエ団

第三部 シベリアで紡ぐ夢
 第七章 四年目の歓喜 二〇一五年九月

 エピローグ  進化する四十八歳 二〇一七~一八年

 あとがき